創業明治29年以来

「おいしい近江牛をお届けしたい」

そして「近江牛の伝統を受け継ぎ、バトンタッチしていきたい」

と願って日々取り組んでおります。

近江牛はおよそ400年の歴史を持ち、日本一歴史のある銘柄牛です。

日本三大和牛の一つとして位置づけられ、

畜産業を支える私たちも今日までの伝統を継続しながら、

近江牛の「すばらしさ・美味しさ」をお客さまにお届けできますよう

一生懸命頑張っております。

明治29年創業、

120年の伝統を誇る近江牛一筋の専門店・「大吉商店」4代目。

400年といわれる近江牛の飼育の伝統を守り、

良質の米から採れたワラと水にこだわりながらも、

現代の食のシーンに調和する


大吉牧場 四代目社長

永谷 武久

創業百有余年、肉牛四代に渡り受け継がれる大吉の「想いと技術」。

近江牛に合う食材をつくっていただいている地元農家さんこだわりの「直送野菜」。

近江牛が育み、近江牛を育む循環の中、地元農家さんが一生懸命育てた「近江米」。

近江牛を育む水でつくられる「酒」。

農業の素朴さ、強さ、風土食をそのままに、

お届けしたいのは”近江の風土食”です。

農家レストラン だいきち 

廣坂  慎也

日本料理の繊細さや伝統を守りつつ、

フランス、アメリカ、シンガポールや香港等の

海外の和食料理も取り入れた今風にアレンジした

和モダンテイストの和牛会席になります。

10種にも及ぶ希少部位や内臓を

斬新かつ大胆な料理でご提供します。

生産から流通までを手掛ける肉専門店

ならではの独創性を追求した創作料理です。

お料理に合うワインと一緒にお楽しみいただけます。

和牛会席 ぎをん だいきち

自然に生きる牛の生活リズムに合わせるためにも、

毎日決まった時間にエサやりをします。

また、きれい好きの牛のためにも、

こまめな掃除も欠かさず行うことで、

のんびりと健康的に過ごせる環境を常に整えています。

1日平均4kgも食べるエサである「わら」は、

肉質と脂質を高める大切な役割を果たしています。

栄養価の高い堆肥を率先して利用し、土壌が改善し、

おいしいお米から牛たちのエサである「わら」をつくる

「循環型牧場」を作り上げています。


大吉牧場

中村 隆司

創業以来、近江牛一筋

創業百余年ー

近江牛専門店としてのこだわりと

地域の特色や風土を活かした

商品を販売しております。


豊かな自然に囲まれた

大吉商店へぜひお越しください。


Instagramの写真を取得できませんでした。